はじめに…キャラを描くための色鉛筆の種類・選び方

色鉛筆には、色々な分類の仕方がありますが、色鉛筆の構造を理解することで、大まかな違いを理解できると思います。

色鉛筆は基本的に「芯」と「軸」でできています。
芯は、「顔料」「顔料を芯の形に練りやすくして紙に定着させるための素材」でできています。
この「練りやすくして・定着させる素材」が何かによって、水彩色鉛筆か、油性色鉛筆かが変わってきます。

水彩色鉛筆とは

水彩色鉛筆は、水に溶けやすい性質を持っているため、紙に水を付けてから塗ったり、乾いた紙に描いた後に水を含んだ筆でなぞったりして、いろんな表現をすることができます。

ユニ水彩色鉛筆 24色セット

ユニ水彩色鉛筆 24色セット
価格:3,456円(税込、送料別)

油性色鉛筆では、油性の原料を使っているので、水を塗っても色を混ぜたり、のばしたりはできませんが、「メルツ」と呼ばれる商品を使ったり、テレピン油、ベビーオイルなどの油を使って同じように伸ばすことができます。

このサイトでは、主に油性色鉛筆を使った絵を載せています。

油性色鉛筆のこまかい違い

どんな顔料を使用しているか、どんな定着材を使用しているかによって、描き心地や発色が変わってきます。学童用の色鉛筆(右のトンボや三菱色鉛筆、アメリカなどでよく使われるCrayola)は、子供の多くは筆圧が強いということから(芯が柔らかすぎると、描くたびに折れてしまうので)、定着材は芯に強度を持たせるものが使われていたり、多めに使われていたりします。そのため、発色が悪い傾向にあります。
トンボ/色鉛筆 24色セット/CB-NQ24C

トンボ/色鉛筆 24色セット/CB-NQ24C
価格:1,261円(税込、送料込)

そのため、「軟らかい描き心地のもの=>顔料が多め=>発色がいい」、そして「硬い描き心地のもの=>顔料が少な目=>発色が悪い」と思われがちですが、実際は各メーカーが使用している顔料と定着材によって微妙に違うので、一概には言えません。
(後述の「ポリクロモス」はやや硬い芯ですが、発色はいいです。)

キャラ絵を描くために、どんな色鉛筆を買うべきか

つまり、メーカーやブランドの性質をきちんと比較したうえで、自分の描きたい絵をわかっていないと、「(自分が描きたい)キャラ絵のための色鉛筆」は選べないのです。

特に、人によってどんなタッチの絵を描きたいか(写真のようなパキっとした印象なのか、ふわふわっとしたメルヘンタッチなのか)が違いますので、一概に「これがおすすめ!」とは言いづらいです。描きたい作風、塗りたい色合いによって、おすすめの色鉛筆が変わってきます。

違うメーカーの色鉛筆を複数使ってもほとんど問題はないので、とりあえず持っている色鉛筆を基本に使いつつ、ちょっとずつ買い足していって、たとえば肌色のベースはほんわかと塗れるA社のアプリコット、肌の影はパキッとした印象になるB社の茶色、そのほか広い面積の部分は安価でそこそこ発色がいいC社のもの、と使い分けてもいいと思います。

講座トップに戻る メーカー、価格帯⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

    inserted by FC2 system